インプラント手術への不安なら本朝歯科クリニック

インプラント手術どなたでもインプラント手術への不安を抱えています。いくら夢のような綺麗な歯を手に入れるとしても、インプラント手術も外科手術のひとつです。外科手術である以上は何らかのリスクを伴う可能性があり、100%安全が保障されているわけではありません。では具体的にはどのような不安やリスクがインプラント手術に伴うのでしょうか?インプラント手術への不安がある場合は、担当される歯科の先生から十分な説明を受け、もし何か疑問や分からない点があれば納得のいくまで尋ねてください。歯科医師との信頼関係が大事です。


一番不安に感じるのは、やはりインプラント手術そのもののだと思います。インプラント手術は、基本的には局所麻酔で行い、意識もあります。ただ最近では手術に恐怖感のある方の場合は、全身麻酔に近い静脈内鎮静法を使う歯科での病院が増えています。静脈内鎮静法を使うとウトウトしているうちに手術が終わってしまいます。また静脈内鎮静法の場合は、痛みもほとんど感じることはありません。

局所麻酔でインプラント手術を行った場合でも、手術中は痛みを感じることはほとんどありません。しかし局所麻酔なので意識がはっきりとしていて、あごの骨を削る音や手術中の会話などはすべて聞くことができ、過剰に緊張したり不安を感じる場合もあります。この緊張や不安は患者さんの心身にとても大きなストレスをもたらすこともあり、場合によってはパニックになり呼吸や血圧や脈拍等に影響を与えることもあります。その点静脈内鎮静法の場合は、知らない内にインプラント手術が終わっているような感じです。