音の問題は無いか

ホームへ戻る >  省エネやエコ住宅の補助金制度  > 音の問題は無いか

一戸建一戸建ての二世帯住宅を建てる場合、いろいろなトラブル、問題が起きる場合があるでしょう。そのほとんどはちょっとしたことが多いのですが、これからずっと一緒に暮らすとなると悩みの種になる場合があります。その中でも特に気になるのは、家の中で起きるさまざまな音への防音です。音は何も家の中と外の壁だけではありません。家の中の部屋同士でも、防音が必要になってくる場合があります。


一戸建ての二世帯住宅の家族なのですから、長期に渡って一緒に住んでいると子夫婦と親夫婦でお互いの気配を感じることが増えてくるでしょう。それがあまり広くない家ならなお更相手の気配を感じやすくなるでしょう。別にやましいことをしていなくても、相手の気配を感じただけで一瞬身構えてしまう・・・そういう体験は無いでしょうか?

それが起きているときだけなら良いのですが、自分が寝ている時に枕元で誰かが帰宅したのか気づいてしまう、お風呂に入っている音が大きくて眠れないなどがある場合、かなりストレスが溜まると思います。これらの問題を起こさないためにも、一戸建ての二世帯住宅を建てる時に最も気をつけるポイントがあります。


それは親夫婦、子夫婦の寝室は玄関、お風呂、トイレなどの人の出入りが多い場所、水廻りの場所から少しでも離しておくことです。それが難しい場合は、その間に押入などの人の出入りの無いスペースを挟むことです。音というのは地味に人の精神を疲れさせます。そうならないためにも一戸建ての二世帯住宅を建てる際には気をつけましょう。