片手間の仲介手数料

ホームへ戻る >  省エネやエコ住宅の補助金制度  > 片手間の仲介手数料

不動産売買不動産売買で生じる仲介手数料には両手間と片手間という2種類のタイプが存在します。そのうち買主からのみ受け取ることができるのを片手間と呼んでいます。


仲介手数料は当然買主からしか受け取らないものだろう、と思う人も多いと思いますが、売主、買主両方の仲介を同じ不動産業者が取り扱った場合には両方から受け取ることが可能です。これを両手間と呼んでいます。それに対して片手間は仲介を2つ以上の不動産業者が行っている場合に買主が不動産業者に支払う場合を言います。

こう書くと今度は不動産売買の際には2つ以上の不動産業者が関わっているのか、と疑問に思う人もいるでしょう。実際には2社の不動産業者が関わるのがほとんどです。つまり、売主が媒介契約を結んでいる不動産業者と、買主が物件探しに訪れる不動産業者です。そしてこの2つの不動産業者が連絡を取り合い、売主と買主の希望条件が一致する物件を探し出して仲立ちをするというわけです。その結果無事売買契約が結ばれた場合には、売主と媒介契約を結んでいた業者は売主から、買主から依頼された業者は売主からそれぞれ仲介手数料を受け取ることになります。この状況を片手間と呼んでいます。そして手数料を分配するこの方式を「分かれ」と言います。


ですから、すべての業務を1社で行う場合には両方から仲介手数料を受け取ることができるというわけです。業者としてはできれば両手間で受け取れる物件を優先して手がけたいですから、買主が物件探しを依頼する際にはこちらを勧めてくるケースが多くなります。また手数料を割引してくれる場合もありますから、片手間・両手間の違いはしっかりと把握しておきたいところです。