住宅ローンの返済形態

ホームへ戻る >  省エネやエコ住宅の補助金制度  > 住宅ローンの返済形態

住宅ローン住宅ローンの返済の形態としては、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。住宅ローンを比較検討する際に大事になってきますので、よく理解しておきましょう。住宅ローンの元利均等返済とは、元金に利息をプラスした毎回の返済額が、同じ金額になるように返済をしていく方法です。


当初の返済額は、元金均等返済に比べて少なくすることができます。しかし、返済当初は利息の返済の割り当てが多く、元金の減るペースが遅いため、元金均等返済よりもローン完済時に利息を支払った割合が多くなります。とはいえ、毎回の返済額は同じなので、長期の返済計画を立てやすく、また臨時に繰り上げ返済をすることで支払い利息の軽減をすることもできます。

住宅ローンの元金均等返済は、毎月決まった元金に、利息を足した金額を返済していくという方法です。当初の返済額は、利息が大きくなるため、返済負担が重くなります。しかし、毎月の返済額のうち、元金の金額は同じなので、元金の返済が早く進み、返済が進むにつれ毎月の返済額は少なくなっていきます。元金均等返済でも繰り上げ返済ができるので、繰り上げ返済で支払い利息の軽減を図ることもできます。


どちらの返済形態にするかは、あなた次第です。ライフプランをしっかり立てて、どちらの返済方法が返しやすいか検討しましょう。また、どちらの返済形態でも、繰上げ返済を上手く利用して、住宅ローンの返済を軽くしていくのもいいでしょう。