貸事務所と値引き交渉

ホームへ戻る > 貸事務所と値引き交渉

デザイナーズ住宅は時代によって変わる
大人の矯正
ポシュレの人気
無痛治療と麻酔
子供の歯列矯正の流れ

貸事務所を利用する際にはさまざまな費用がかかるものです。通常、クロスや照明などの内装を全面的に代える必要も出てくる場合がありますし、設備をより充実させなければならないこともあります。ビジネスとして使用する以上、かかる経費と得られる効果のバランスが必要になります。そのためにもオーナーとの値引き交渉はうまく進めていきたいものです。


値引き交渉は大きく分けて2種類があります。賃料や保証金など実際に支払う金額を減らしてもらうための交渉、もうひとつは借主が負担する費用をオーナーに負担してもらうための交渉です。こちらは新たに設備をつけてもらうことも含まれます。代表的なところではトイレのウォシュレットや鍵の付け替えなどが挙げられます。

貸事務所で値引き交渉に応じてくれるかどうかはオーナー次第です。応じてくれるケースとしてはいくつかのパターンが考えられます。まず賃料を改定したばかりのケースです。よい借り手がつくならもとの価格でも構わないと思った場合です。それからなかなか借りてが集まらないでいるケース。こちらの場合はとくに有望で、家賃の値引きだけでなくさまざまなリクエストに応じしてくれる場合があります。


なお、保証金に関しては値引きはほとんど応じてくれないことが多いようです。万一の時のためにどうしても確保しておくことが必要だということでしょう。ですから貸事務所の値引き交渉を行う際には家賃の値引きか、設備の負担をお願いする点に絞るとよいのではないでしょうか。