大人の矯正

ホームへ戻る >  貸事務所と値引き交渉  > 大人の矯正

子供が矯正する場合、外から見える金属の器具を装着するする場合が多いです。しかし、これを大人がやろうと思うと、かなり勇気が必要です。仕事に行けば、同僚に見られてしまうし、矯正していることを人に知られたくないと思う人も多いでしょう。


そうした要望を受けて、大人の場合は、歯の裏側からする方法や、透明なブラケットを使った方法が広がっています。外から見えなかったり、目立ちにくかったりすれば、外に出ていく時にも人に気付かれにくいので、安心して治療を継続させられます。例えばリンガル矯正というものがあります。歯の裏側にブランケットをつけ、ワイヤーをつなげて締めていくことで矯正していきます。この装置を利用すれば、外側から見られないので、他人には治療を受けていることが気付かれにくいです。

透明クリアブラケットで治療するという方法もあります。透明だから装置が見えにくく、目立ちにくいという特徴があります。表側にブラケットを装着し、それにワイヤーを通して使います。リンガル矯正は、裏側からつけるので外から完全に見えなくなりますが、使いづらいと思う人も中にはいるようです。そうした人は、透明クリアブラケットを選ぶことが多いです。ワイヤーでは通してありますが、非常に目立ちにくく、固定感があるので、普段と同じように生活できます。いずれの方法でも、治療方法をよく医師と相談し、納得してから決めるのが大切です。