無痛治療と麻酔

ホームへ戻る >  貸事務所と値引き交渉  > 無痛治療と麻酔

無痛治療を行なううえで最も重要なのが麻酔に対する配慮です。優れた歯科医師は、麻酔を工夫することで、患者の痛みを最低限のものに抑えてくれます。最近ではレーザー治療など様々な無痛治療が開発されていますが、費用や治療期間のことを考えるのであれば、麻酔のじょうずな医師に治療を依頼することをおすすめします。


無痛治療の基本は表面麻酔だといわれています。表面麻酔は、針を刺すポイントに、事前に麻酔を塗っておくことで、痛みを軽減する方法です。2分ほどで効果が現れ、副作用などはほとんどありません。さらに、細い針を使用し、注射液を温めるなどの工夫を施すことで、さらに一歩進んだ無痛治療が可能になります。さら、針にはシリコンオイルが塗られており、滑りを良くすることで痛みの軽減に効果を発揮する仕組みになっています。

麻酔液はできるだけゆっくりと注入した方が痛みが少ないといわれています。即ち、丁寧に治療をする歯医者は、その他の作業は迅速でも、麻酔には時間をかけます。麻酔で痛みを感じるようであれば、他の医師に治療を依頼したほうが無難かもしれません。


いくら麻酔に注意を施しても、歯科治療に苦手意識を持っている方の恐怖心は軽減できません。そのため、最近では笑気ガスを用いる歯科医も多いようです。笑気ガスには気持ちをリラックスする効果があるため、麻酔と併用することで痛みの軽減に大きな効果を発揮します。麻酔の他、例えば掘削時の痛みには水が効果を発揮します。これは、摩擦によって生じる熱を冷やすことで、痛みを抑える効果があるためです。歯科医がこまめにタービンから水をかけるのはこのためです。