ホワイトニングができない場合

ホームへ戻る >  自然素材を使った一戸建て  > ホワイトニングができない場合

歯を削る必要もなく歯を白くすることができるホワイトニング。カフェインの摂り過ぎやタバコなどさまざまな原因で着色してしまった歯を元の白い状態に戻すことができる方法です。誰でも手軽に利用することができる方法として注目されていますが、事情によってはこの治療を受けられない場合も出てきます。


まず虫歯がある場合です。使用する薬剤は非常に刺激が強いため、虫歯がある場合歯の内部にしみこんでしまうことでさまざまな問題が発生することがあります。また、被せものや詰め物が入っている場合にも治療ができない場合があります。これは詰め物に含まれている金属物質が原因で生じた着色は、ホワイトニングでは効果を発揮することができないからです。この歯の状態に関しては医師とよく相談して、治療できるかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

また、妊娠中・授乳中の女性も治療を受けることができません。本人への影響はもちろん、胎児や乳幼児への影響がどの程度あるのかまだよくわかっていない面があるため、避けたほうが無難とされています。体調にもたらす影響も未知数な面があるため、気分が優れない、体調が悪い場合にも治療は行われません。


また、歯の成長が終わっていない子どもも治療の対象外となります。それから注意が必要になるのが薬剤アレルギーと無カタラーゼ症の場合。どちらもホワイトニングの治療を行うことによって健康に悪影響を及ぼす場合が出てきます。


このように、ホワイトニングを行うことができないケースもいくつか考えられます。自分は受けることができるのかどうか、事前に確認しておく必要があるのです。