PMSは病院に相談しましょう

ホームへ戻る >  自然素材を使った一戸建て  > PMSは病院に相談しましょう

PMS(月経前症候群)は様々な身体的・精神的な症状を引き起こします。この症状には個人差があり、ひどい場合には体調不良で起きていることも困難になったり、人とのコミュニケーションも普通に取るのが難しくなり、社会生活や家庭生活に支障をきたし、医師への相談と適切な治療が必要になることも珍しくありません。


PMSは月経の始まる2週間前後の期間に体調不良や精神的な症状が現れ、この症状は月経が始まると治まるのが特徴です。これは排卵後に一気に分泌量が増える黄体ホルモンにより、ホルモンバランスが一時的に崩れることで様々な症状が現れるのではないかと考えられています。

PMSの主な症状は、下腹部の痛み、腰痛、頭痛、目まい、吐き気、むくみ、便秘、肌荒れ、肩こり、イライラ感、落ち込む、感情の起伏が激しくなる、集中力の低下、無気力、不眠、泣き上戸になる、過食気味になる、神経質になるなどがあげられます。


PMSが身体的・精神的症状が日常生活の負担になったり、自分ではコントロールできないような重度の症状の場合は医師への相談が必要です。いつものことと簡単に考えず、いつものことだからこそ対処するべきです。医師に相談することで、症状に適した鎮痛剤などを用いた対症療法や、ピルなどを用いたホルモン治療、向精神薬療法や生薬とビタミンを使用した体質改善療法、日ごろの食生活から改善を導く食事対策などのアドバイスももらえます。適切な処置と早期改善で毎月訪れるこの期間を少しでも楽に過ごしましょう。