歯医者での詰め物

ホームへ戻る >  BBクリームの塗り方  > 歯医者での詰め物

虫歯の治療で歯を削った後には詰め物をすることになります。この詰め物の素材にはいくつかの種類があり、歯の状況によって使い分けることになります。


一般の歯医者で使用される詰め物は保険適用の範囲内となるものです。もっとも代表的なものがコンポジットレジン充填と言われるもの。これは歯科用のプラスティックを材料としたものです。歯よりもややピンク色をしているのが大きな特徴となっています。あまり目立たず、短期間で治療を行うことができる点や、金属アレルギーや歯への影響といった点もなく安全に利用できるという大きなメリットがあります。また、再度治療が必要になった場合なども簡単に修復することができるのもこのタイプの特徴となっています。

それから金属。これは奥歯の詰め物に使用されるもので、銀色をしているものです。金銀パラジウム合金というものを使用しており、強度に非常に優れているという特徴を持っています。奥歯に使用されるのも強い負荷に耐えられるためです。ただやはり見栄えがあまりよくないという大きな弱点があります。


そのほかにもアマルガム充填やニッケルクロム合金なども保険で使用できる詰め物の素材ですが、最近では利用される機会が少なくなっています。それから銀の合金を使った柔らかい詰め物が乳歯に対して使用されることがあります。またフッ素を放出することによって虫歯予防に役立てることができるグラスアイオノマーセメントという素材を取り扱っている歯医者もあります。