ポータル向けCMS

ホームへ戻る >  BBクリームの塗り方  > ポータル向けCMS

ポータルサイトといえばYahoo!などが思い浮かびますが、こういったニュース・ショッピング・その他機能をまとめてカバーするポータルサイト作成に向いたCMSというものも当然あります。


代表的なものでは、「Drupal」「Xoops」などが挙げられるでしょう。Drupalは基本部分だけだと非常にシンプル軽量で、ブログサービス向けかと思うのですが、拡張機能やプラグインが大量に存在しているので、これらを充分に取り込めば大概のサイトは何でも作れてしまう拡張性の広さと、自由度の高さが特徴となっています。ただし、それとトレードオフでわかりやすさが低下している感があるのが泣き所でしょうか。「ウェブアプリケーションフレームワーク」と評されることもあり、使いこなせる人であれば非常に優秀なツールとして機能するCMSと言われています。

Xoopsは日本人が開発の大元に関わったオープンソースCMSで、BBSの発展形としてのサイト作成機能を多く備えています。その出自からか、「荒らし」に強いサイトを構築しやすいという特徴があります。日本での導入が比較的早く、統合型CMSの中では草分け的存在にあたり、関連書籍や情報が多いという特徴も持っています。日本語・中国語などの2バイト以上文字への対応にも強く、携帯3キャリアの表示にも完全対応しているなど、日本ローカルでの運用に非常に向いているということからも導入者、導入企業が多いようです。


このほかでは、操作性の高さ、動作の軽快さ、拡張性の高さから、「MODx」なども好んで使われるようです。