ホワイトニング【歯の変色の原因―食生活―】

ホームへ戻る >  BBクリームの塗り方  > ホワイトニング【歯の変色の原因―食生活―】

赤ちゃんの歯は、白くてきれいです。なのに、年を重ねていくと気を付けていたはずなのに、歯が黄ばんで汚れてしまった、という人は多くいます。タバコを吸う訳ではないのに、歯の白さを保てない、という人も少なくありません。ホワイトニング後も、その効果を維持する為には、歯の黄ばみや汚れる原因を遠ざける必要があります。


歯の黄ばみや汚れの原因は、老化以外にも食生活も関係してきます。しかし、食生活による黄ばみや汚れは、ブラッシングを丁寧に行うことで、ある程度防ぐことは出来ます。歯に黄ばみや汚れを付着させやすい食事には、以下のものが挙げられます。

・色素の濃い食事:カレー・黒豆が代表的です。

・ポリフェノールが豊富な食品:納豆・醤油が代表的です。

・色の濃い飲み物:コーヒー・紅茶・お茶が代表的です。

そして、着色料を多く使用している食品も歯の黄ばみや汚れの原因となります。

上記の食べ物は、日常的に口にする機会が多いものばかりですが、ホワイトニング直後は、特に避けた方が良いでしょう。しかし、避けてばかりでは、栄養面が偏ってしまうことにも繋がります。


上記に挙げた食事を多く摂っている人は、たまにしか摂らない人よりも、歯の黄ばみや汚れは確かに目立ちます。しかし、普段からホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する、歯科医院で汚れを取り除く、というメンテナンスをしていれば、極端に黄ばみや汚れが目立ってしまうことは少ないです。ホワイトニング直後の食事は、白身魚や大根、カブ、白米、食パンなどがお勧めです。