矯正は痛むのか

ホームへ戻る > 矯正は痛むのか

10万円でできるホワイトニング
注文住宅の優遇制度
注文住宅と固定資産税
賃貸物件の構造について
水の配達サービス費用

歯の矯正をしたいとは前から思っていたけれど、痛いことは苦手だから何となくとまどっているという人はけっこういるようです。矯正治療というものは、ブラケットやワイヤー、マウスピースなどの器具を使用して歯の位置をすこしずつ移動していくものですから、痛みはほとんどありません。ですから、安心して治療を受けることができます。


ただし、成人が矯正をする場合には抜歯が必要になることがしばしばあります。こういったケースでは、抜歯の痛みが出ることは避けられません。矯正中は装置の調整のために定期的にクリニックを訪問する必要がありますが、この調整を受ける度に多少の鈍痛を感じるという人も中にはいるようです。といっても、耐え切れないほどのひどい痛みが治療中はずっと続くというわけではありませんし、調整は1ヶ月に1度程度ですから、それほど心配する必要はないと思います。調整後2~3日間は食べ物を小さく切って食べるようにするなどといった工夫をしている人もいるようです。

案ずるよりは産むが安しで、実際に治療を始めてしまえば装置もそれほど気にはならないものです。矯正は数年に及ぶ治療になるため、成人女性の場合には妊娠とぶつかってしまうことがよくあります。妊娠中は口腔内のトラブルも多くなりますし、つわりによって歯磨きが十分にできなくなることもあるようですから、専門医とあらかじめよく相談してスケジュールを立てることをおすすめします。