注文住宅の優遇制度

ホームへ戻る >  矯正は痛むのか  > 注文住宅の優遇制度

住宅を購入する際、様々な方法がありますが、理想の住宅を手にする方法として最も適しているのは注文住宅であると言えます。注文住宅はオーダーメイドによる住宅のことで、購入者の希望に合わせて間取りや設備、外観などを決定し、建築するもので、多くの要望を取り入れることからも高い人気があります。


しかし、建売住宅などと比べると高額になりがちな点も否めず、予算の上においては難しいと考えられる方も多くおられることかと思われます。やはり要望が多くなれば多くなるほどコストも相応に高くなるということからも、敬遠される場合もありえます。

しかし、注文住宅においてはローン制度や優遇制度が非常に手厚くなっており、決して購入の敷居が高いわけではありません。ローンも土地付き住宅であれば最大35年、借地住宅でも最大30年の適用があり、どちらにしても賃貸における家賃の支払いと大差が出るわけではありません。また、住宅ローン減税などの措置もあり、有効に活用することで少しでも安価に抑える方法もあるのです。また、補助金制度もあり、一定の条件を満たすことで補助金が支給され、その分購入価格を下げることも出来ます。


少しでも安価で注文住宅を購入するために考えられる方法も多く、有効に活用することで、想像以上に敷居が低く住宅購入に進むことができるようになります。まずは自身の状況、環境を精査することから始め、可能性があれば住宅販売メーカーや工務店などに問い合わせてみましょう。