注文住宅と固定資産税

ホームへ戻る >  矯正は痛むのか  > 注文住宅と固定資産税

注文住宅は名前の通り、購入者の希望に合わせてオーダーメイドにて住宅を建築するものです。注文住宅は一戸建てとなるため、指定した土地に建築することになりますが、住宅は所有の資産となるため、一定の固定資産税が課せられることになります。固定資産税の支払いは年度に一括で支払うか、もしくは四半期に一回支払うかになり、金額は住宅の評価額などから決定されます。詳しくは市町村の課税窓口にて確認することが出来ます。ただし、家の価値は年の経過と共に減少していくため、注文住宅新築初年度は高額になりがちですが、以降は少しずつ値下がっていきます。

また、土地付きにて住宅を建てた場合、土地に対しても固定資産税が課せられます。こちらも土地に対する一定の評価額から金額が算出される仕組みとなっており、住宅と併せて支払う必要があります。注意したいのが、建築条件付で土地を購入した場合は住宅と同様に減税措置を受けることが出来ますが、既に所有している土地に対して住宅を建築する場合、土地に対しての減税措置を受けることが出来ないため、必ず事前に固定資産税に関する疑問などがあれば住宅販売メーカーや工務店、および税務署などで確認するようにしましょう。


借地に注文住宅を建築する場合、住宅自体に固定資産税がかかりますが、土地に対しては地主の所有物となるため、固定資産税の支払いはありません。ただし、代わりに毎月の土地使用料を支払うことになります。どちらがお得であるかは一概には言えませんが、地方などでは借地の方が1年を通してのコストとしては安価に収まる傾向にあるようです。